ブログ集客 無料会員サイト

ワードプレスでカテゴリー別記事一覧をかんたん表示するプラグイン「WP Show Post」

ワードプレスでカテゴリー別記事一覧をかんたん表示するプラグイン「WP Show Post」についてご紹介していきます。

以下のようなシーンで、便利に使えるプラグイン(拡張機能)です。

・カテゴリー別の記事一覧の上下のバナーを入れたい。

 

・記事の途中に、カテゴリー別記事一覧を表示したいとき。

是非、ご活用くださいね^^

プラグイン「WP Show Post」をインストールする手順

まずは、「WP Show Post」をインストールし有効化します。

ワードプレスの管理画面のプラグイン新規取得から、新規でインストールをしましょう。

似た名前のプラグインがありますので、お間違い無いように!!


WP Show Postsの設定方法・使い方

1.「WP Show Posts」 > 「新規追加」をクリック

管理画面メニューに【WP Show Posts】という項目が表示されます。

【新規追加】をクリックします。

新規リスト追加の画面に遷移したらタイトルを入力します。

タイトルは、公開されませんので、自分が覚えやすい名称にしましょう。

「SEOカテゴリー 投稿一覧」

「お知らせ 一覧」

などわかりやすい名称がおすすめです。

それでは、続きの設定を行っていきます。

2.投稿の項目の設定

投稿タイプ

一覧を作成したいアイテムを選択する

・post:記事

・page:ページ

分類

投稿タイプにpostを選択したときに選択します。

・選択しない:全部の記事

・category:カテゴリー

・post-tag:タグ

・post_format

ページあたりの投稿数

1ページに表示する数を指定する。

3.カラムの設定について

カラム

一行に表示する投稿数

カラムの間隔

投稿間の間隔

4.画像の設定について

各項目を入力していきます。

5.コンテンツ

タイトルやアイキャッチ画像の下に表示させる内容を設定します。

コンテンツの種類

抜粋か全文かなしかを選択する

抜粋の長さ

表示する抜粋の最大文字数を指定する(コンテンツの種類が抜粋の時のみ)

Title element

タイトル名に使用するhtmlタグ

「続きを読む」の文字

表示したい文字を入力する

Read more button class

続きを読むのリンクのclass名

全ての設定が完了したら、ショートコードをコピーして公開します。

トップページに設定していきましょう

①固定ページを作成していきます。テキストモードにして先ほどコピーしたショートコードを貼りつけます。

②【公開】をクリックします。

③管理画面メニュー【設定】→【表示設定】をクリックします。

④ホームページの表示の項目で「固定ページ」にチェックを入れ「ホームページ」に先ほど作成した固定ページのタイトルを選択します。

ここまで完了すると記事一覧がTOPページに表示されます。


CSSでデザインを調整する

記事一覧を表示することができましたら、デザインを調整していきます。

①管理画面メニュー【外観】→【カスタマイズ】を選択します。

②【追加CSS】をクリックします。

③追加CSSに下記のCSSを入力します。

このCSSは全てのページに影響しますので注意が必要です。

/* ブロック表示 */
.wp-show-posts-columns .wp-show-posts-single:not(.wp-show-posts-masonry-block) {
display: block;
}

/* 抜粋のフォントサイズ */
.wp-show-posts-entry-content p {
font-size: 15px;
}

/* 記事と記事の間隔 */
.wp-show-posts-columns .wp-show-posts-inner {
margin: 0 0 0px 10px !important;
}

/* 「続きを読む」ボタン */
a.wp-show-posts-read-more, a.wp-show-posts-read-more:visited {
display: initial;
padding: initial;
border: initial;
color: hsl( 123, 100%, 33% );
font-size: 12px;
}

/* 「続きを読む」ボタン(hover時) */
a.wp-show-posts-read-more:focus, a.wp-show-posts-read-more:hover {
border: initial;
color: hsl( 123, 100%, 23% );
background: initial;
}

/* 抜粋の一文目(挨拶文なので消す) */
.wp-show-posts-entry-content p:first-child {
display: none;
}

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はプラグインの【WP Show Posts】を使って記事一覧を表示させる方法についてご紹介致しました。

CSSでデザインの調整も出来ますのでカスタマイズの幅も広がります。

是非、活用してみてくださいね。