テーマがCocoon「AMPの問題が新たに検出されました」なら「contact form 7」が原因かも?

AMP対応をした後に、Google先生から「問題があるから直してね」と言われちゃった場合、

なんか、怒られているみたいで心配になっちゃいますよね。

私が、問題解決のために実施したことについてまとめてみました。

★ 大切なポイント
Googleから怒られているわけではないので、原因を探して修正しましょう

 

AMPとは?

そもそも「AMP」とは、英単語の頭文字をとったもので、「AMP(Accelerated Mobile Pages)」を指します。

聞きなれないかもしれませんが、単語のまんまの意味なので、理解しやすいと思います。

Accelerated(「早くなる」「加速する」を意味する、アクセラレートの過去形=「早くなった」「加速した」を意味します)+ Mobile Pages(モバイル ページ)=加速したモバイルページ、つまりスマホ用のページを高速化するための手段のことを指します。

グーグルには「スピードは早い方が良い」という方針がありますので、2015年にAMPプロジェクトは、スマホユーザービリティ(使い勝手)の向上を目的としてGoogleとTwitterがコラボしてし、オープンソースプロジェクトが立ち上がりました。

早い方が評価が高まり、結果的に露出が増える効果が期待できます!!

WPのテーマ「Cocoon」で設定をしたケース

ワードプレスの「Cocoon」で、AMPの設定を行うのが非常に簡単です。

初期設定で機能が付いてくるので、ぽちぽち設定するだけで完了です。

 

ただし、ワードプレスの定番プラグイン「contact form 7」は、AMPには対応していないようです!!

もしも、Google search console から「許可されていない属性または属性値が HMTL タグにあります。」などのメールや、エラー通知が届いたら、「contact form 7」が原因かもしれないので、改善してみましょう。

エラーの修正の手順

1.ワードプレス側ので設定手続き

ダッシュボードから、お問い合わせフォームが設置してあるページの編集画面に移動します。

「固定ページ」か、「投稿」ページでしょう。

 

移動しましたら、サイドバーに「AMP設定」という項目がありますので、

「AMPページを生成しない」の頭についている四角いチェックボックスに「✔︎」マークを入れて、更新ボタンをクリックします。

ワードプレス側での設定はこれだけです!

2.サーチコンソール側での設定手続き

サーチコンソールから、エラーの通知が届いている状態なので、「対応したので確認してください!」という通知をする必要があります。

① サーチコンソールの管理画面の左側のサイドメニューの中の「AMP」をクリック

② エラーの詳細項目をクリックします

③ 「修正を検証」ボタンをクリックします

「修正を検証」のボタンをクリックすると、申請した旨のメールが届きます。

時間がかかることがありますので、Google側の検証が終わるまで待ちましょう^^

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、AMPのエラー問題についての解決方法として、

ワードプレスのテーマ「Cocoon」で、プラグインの「contact form 7」が原因となっている場合の手順についてまとめました。

わからない時は、LINEで気軽にご質問くださいね^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で【公式】ブログSEOコンサルタントをフォローしよう!