「500 Internal Server Error」を解決(できるかもしれない)方法「アクセスしようとしたページは表示されませんでした。」

ワードプレスの運営中に遭遇する、突然のエラー表示。

めちゃくちゃ焦りますよね。

今回は、「Internal Server Error 500 アクセスしようとしたページは表示されませんでした。」という表示が出た場合の解決策についてご紹介させていただきます。

様々な原因が考えられますが、もしかしたらレンタルサーバー(Xサーバー)の「アクセス制限設定の」操作・設定が要因かもしれません。

手順について御案内させていただきます。

「Internal Server Error 500」は、Xサーバーの管理画面で解決できるかも

アクセス制限の設定をしている場合、Xサーバーの管理画面で解決できる可能性があります。

Xサーバーのインフォパネル内の「アクセス制限設定」のページに移動します。

正常な状態では「アクセス制限」、つまり訪問者を制限しませんので、ステータスは「OFF」の状態が正しいです。

何らかの操作間違いで、誤って「ON」にしてしまった場合は、「OFF」に切り替えましょう。

原因が異なる場合は、他の解決策を探る必要がございます。

ホームページ管理者にご連絡しましょう。

 

このようなホームページ運営初心者向けのトラブル解決について、メルマガやLINE@で情報配信しております。

ワードプレス運営者の基礎知識を高めるために、毎日配信しておりますので、もしよければご登録ください。

 

 

照屋さんの『女性起業家向けのオンラインスクール』

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で【公式】ブログSEOコンサルタントをフォローしよう!