ブログ集客 無料会員サイト

Zoom有料アカウントを取得する必要はあるのか?有料版オススメ機能とは?

Zoomには無料版と有料版があります。

無料版でも充実した機能なので果たして有料版にする必要があるのか?と思われている方もいるかと思います。

今回は有料アカウントを取得するメリットからオススメの機能まで解説していきます。

 

■無料版のアカウントは、こちらの記事で詳しく解説しています。

Zoomの無料アカウントのダウンロード方法と基本設定・制限の解説|はじめてのZoom徹底解

 

スポンサードリンク

Zoom有料アカウントとは?

一般的には無料版でも十分に使い勝手が良いZoomですが、

ビジネスでは人や業種によっては拡張機能が使用できる有料アカウントが必要だと感じることが多いようです。

Zoomには、4つの料金プランが用意されています。

・無料プラン

・プロ

・ビジネス

・エンタープライズ

公式サイトを見ると詳細が記載されています。

参考元:https://zoom.us/pricing

スポンサードリンク

Zoomの有料アカウント取得で便利になる機能は?

有料版でのおすすめ機能3選をご紹介

①クラウドレコーディング

②ビジネスアプリと連携

③ユーザーの利用履歴を管理することが出来る

①クラウドレコーディング機能とは?

有料版にアップグレードするとクラウドレコーディング機能が追加されます。

インターネット上に1GBまでの録画データを保存することが出来ます。リンクでシェアするだけになりますのでダウンロードや送付といった手間をかけなくて済むようになります。PCの記憶容量も圧迫しません。

録画保存が必要な会議を頻繁に行う場合に便利な機能です。

②ビジネスアプリとの連携機能

SSO連携も活用できるようになります。

「Zoom Rooms」の追加によりSlackやGoogleカレンダーなど様々なアプリと連携できるようになるため、ビジネスをよりスムーズに進めることが出来るようになります。

③ユーザーの利用履歴を管理することが出来る機能

アカウントオーナーと管理者はユーザーの利用履歴を管理することができます。

また、会議通信状態もリアルタイムで把握することが出来ます。

スポンサードリンク

Zoomの有料アカウントの3つのプラン

・プロ

・ビジネス

・エンタープライズ

3種類のプランの特徴について解説致します。

プロアカウントについて

小規模チームなどにおすすめのプランとされています。

無料版でネックだと思われていたことが解消されなんでもできる!と思えるようなプランです。

クラウド型の録画が活用できるようになります。

サーバー上で録画、エンコードも行う為パソコンで行う際におこりうるエラーやミスも回避することができ、安心してコンサルやセミナーに集中することが出来ます。

ビジネスアカウントについて

プロよりも上級機能を活用することが出来ます。

電話サポート機能やブランディングの機能が一通りそろっているプランになります。

中小企業などにおすすめで、会社のブラントを全面に出すようなブランディングの面での機能を充実させたい場合はこちらのプランを選ぶと良いと思います。

エンタープライズアカウントについて

Zoomの有料アカウントの中でも最高のプランで大規模なビジネスの適応できる仕様となっています。

専門的な知識を持ったサポートスタッフによって最適な環境にカスタマイズしてくれるプランです。

このアカウントを使うには最低ホスト数が100名以上必要になります。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

有料アカウントを取得することでZoomの有効性はさらに向上します。

まずはZoom無料版を利用してみて必要に応じてアップグレードしていくことをおすすめいたします。

 

 

 

こちらの記事もおすすめです

Zoom有料アカウントを取得する必要はあるのか?有料版オススメ機能とは?

Zoomの使い方・パソコン版の基本的な機能と操作方法を簡単解説「Zoom初心者必見」

スポンサードリンク