ブログ集客 無料会員サイト

独自ドメインで作ったメールアドレスをGmailで送受信する設定方法

独自ドメインで作ったメールアドレス。

レンタルサーバーのWEBメールで受信できるんだけれど、

✔︎ Webメールを見に行くのが煩わしい

✔︎ Gmailに慣れているから、一緒に送受信したい

✔︎ 作業効率をあげたい

など、普段使っているメールアドレスで送受信できると便利ですよね。

 

今回は

・さくらインターネットでメールアドレス作成

・Gmailで送受信をする

という条件の場合のメール設定について解説させていただきます。


1.さくらインターネットでメールアドレスの作成

さくらインターネットで、独自ドメインを使ったメールアドレスを作成する場合は、

・独自ドメインの取得

・さくらインターネットの契約

・ドメイン登録&メールアドレス作成

という手続きが必要です。

公式のさくらインターネットサイトで解説記事が用意されていますので、参考にしてください。

(公式サイトの解説情報はわかりやすいです)

>>【【新コントロールパネル】メールアドレスの作成・変更・削除

 

Gmailで独自ドメインのメールアドレスを送受信する際に、必要な情報が3つあります。

独自ドメインでメールアドレスを作成する際に必ず控えていただきたいのが、

1.独自ドメインで作ったメールアドレス

 

2.メールアドレスのパスワード

 

3.さくらインターネットの初期ドメイン

以上の3点セットです。

設定する際に、コピペして貼り付けられると便利なので、メモ帳などに情報を控えておきましょう。


2.Gmailアカウントで設定

メールアドレスの準備ができましたら、次にGmail側で設定をしていきます。

 

その前に、Gmailを用意してないや、、。

という方は、↓こちらの記事をご覧いただき、Gmailを取得しておいてくださいね。

無料でGmail(Google)アカウントを作成する方法まとめ

 

それでは、Gmailでの設定を進めましょう。

1.Gmailにログインし、歯車マークをクリック

2.設定ボタンをクリックします

3.「アカウントとインポート」をクリックします

4.「他のアカウントのメールを確認」>「メールアカウントを追加する」をクリック

5.メールアドレスを入力する

6.「他のアカウントからメールを読み込む」を選択した状態で次へ

7.メールの設定で、必要情報入力

8.受信だけでなく、送信もできるようにするか?の確認

9.送信するメールに表示する情報を設定する

10.確認コードを入力

ただいま設定中のGmail宛に「確認コード」が届きます。

確認コードが添付されたメールの本文は、以下のような文面です。

2020/7月時点では、確認コードが9桁の数字です。

以上で、設定が完了です。


3.送受信のテスト

最後に、送受信のテストを行いましょう。

Gmailに独自ドメインを登録すると、

・Gmail

・独自ドメイン

どちらでも、送信をすることができます。

1.送信ができるか?

 

2.受信ができるか?

必ずチェックしておきましょう。


4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、独自ドメインで作ったメールアドレスをGmailで送受信する設定方法について解説させていただきました。

レンタルサーバーには、ヘルプ記事が載っていることが多いので、ご契約中のレンタルサーバーのマニュアルもチェックしていただければと思います。

 

こちらの記事もおすすめです

良いメールアドレスの作り方・作成のコツと作り方「セキュリティレベルMAX、スパム(迷惑)対策」

Zoomの使い方・パソコン版の基本的な機能と操作方法を簡単解説「Zoom初心者必見」

ブログ集客初心者でも、1ヶ月10,000人に読まれる記事の書き方のコツ