ブログ集客 無料会員サイト

検索順位が下がった時・アクセス数が減った時に確認すること

対策をしていたキーワードの検索順位が大きく下がってしまった、、

訪問者数が下がってしまった、、

・このようなご経験をお持ちの方、

・または今まさに下がってしまった方、

ご状況も様々かと思います。

 

アクセス数に影響しますので、当然落ち着いてはいられませんが、

「ペナルティかな、、」

「この先も下がったままかな、、」

と、不安になるばかりでは何も解決しません。

 

上がることもあれば、下がることもあります。

・株価、

・バイオリズム、

中長期の視点で考えると、

ずっと上がり続け、検索順位が一度も下がらないことは考えにくいです。

Googleのアルゴリズムの更新によって、大きく順が変わる事があります。

 

まずは、これからご紹介する3つのチェックを行って、事実を確認してみてください。

1.検索順位が、何位になったのか確認

まずは、

一番最初に、検索順位が「◯位」→「◯位」に変わったのか?

を確認しましょう。

 

例えば、5位だったキーワードが30位になった、など

特定のキーワードの順位が下がっている場合は、

また順位を持ち上げる対策をとることができます。

 


2.他のキーワード「順位が上がったキーワード、下がったキーワード」の確認

順位の変わったキーワード以外に、大きな変動があるか?わかると、上がり下がりの傾向がわかるかもしれません。

どのように評価が変わったのか?推測することができます。

 

例えば、

・「SEO」を含んでいるキーワードが全部下がった

・「SEO」を含んでいる記事の中で、特定の記事だけ下がった、

など、数字を見ながら仮説を立てていきましょう。

3.ページがインデックスさてているか確認

ページがGoogleの検索結果に反映されているか?を確認します。

ページのタイトルを、Googleの検索窓に入れてページの指名検索をします。

 

検索結果に表示されている場合は、インデックスに関しては問題ありません。

もし、検索結果に表示されていない場合は、サーチコンソールでインデックス申請をしましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

キーワードの検索順位が下がった、アクセスが下がったときは、

・検索順位を調べること

・検索結果に反映されているか確認すること

この2点をまず確認してみましょう。

 

■こちらの記事もおすすめです

>> 指名検索キーワードの対策方法【オリジナルの独自名称でSEO対策】

>> 【2020年版】SEO対策に強い!ブログ記事の書き方を習得しよう【5ステップ・テンプレ付き】