ブログ集客 無料会員サイト

「地域名」キーワードの上位対策(SEO・MEO)の基本

「大宮」「さいたま市」「大宮駅」などの地域名を含んだキーワードでSEO対策を行う方法についてご紹介させていただきます。

主に店舗を持っている方にとっては、地名キーワードでの上位対策はとても重要な意味を持っています。

参考にしていただければと思います。

1.地域名キーワードとは

「地域名キーワード」とは、地名を含めた複合キーワードのことです。

わかりやすく、浦和の税理士さんが、SEO対策をするケースを例に挙げてみましょう。

 

さいたま市浦和区の中小企業の経営者を対象に、地元で税務顧問を依頼できる税理士を探している場合、検索キーワードとして、

・税理士 浦和

・税理士 さいたま市

・税理士 埼玉

このようなキーワードで検索をしている可能性が想定できます。

Googleの検索窓には、以下のように入力かもしれません、

 


2.地域名キーワード対策のメリット

一つは、事務所・店舗が存在している場合、ご来店に繋がる可能性があります。

Googleが、優先的に検索結果に表示してくれます。

見込み度の高いユーザーがアクセスしてくれる可能性が高くなります。

 

先にも例を挙げましたが、「税理士 浦和」で検索をした場合、

Googleはどちらを表示した方が、ユーザーにとって役に立つと思うでしょうか?

そうです!

Bの浦和の税理士さんを表示します。

とても当たり前のことなのですが、Googleに「浦和の税理士さん」ということを認知していただく必要があります。

・どのエリアに事務所があるのか?

・住所はどこなのか?

をアピールしないと、検索エンジンが判断できません。

 

それでは、具体的な対策方法についてご案内します。

3.地域名キーワード対策の手法

(1)検索キーワードのリサーチ

(例)埼玉の「整体院」さん

・検索ユーザーが調べる可能性のある「業種」「業態」「ビジネスジャンル」キーワードをピックアップする

例)整体、整体院、整骨院、もみほぐし、カイロ

サジェストキーワードツールに「業種・業態・ジャンル名」+「地名」を入力しニーズのあるキーワードを検索を検索する。

出典:goodkeyword
https://goodkeyword.net/

検索結果で、

・都道府県 名

・市区町村 名

・駅 名

を含んだキーワード候補と

見込客が検索するキーワードをピックアップします。

キーワードプランナーで検索ボリュームを確認します。

キーワードプランナーで検索ボリュームを確認します。

検索されているキーワードを候補とします。

(2)現在の、ホームページの検索順位を把握します

自社サイトの検索順位を調べます。

例えば、検索順位が、

・整体院 埼玉    20位

・整体院 埼玉県   20位

・埼玉 骨法 整体院 30位

このような結果だったとします。

2〜3ページ目なので、まだまだ対策の余地が残っています。

出典:SEOチェキ
http://seocheki.net/?m=rank

(3)ホームページ・ブログ内での対策

ホームページ内に

①「住所」を書く※書ける範囲でOK

②「Googleマップ」を貼る

③「お客様の声」を書く

※全ページに反映される箇所ヘッダー・フッターに記載します。


・地図の埋め込みコードは、Googleマップから抽出できます。

・お客様の声は、「地名入り」で1つの声につき、1ページ作成。

(4)グーグルマイビジネスでの対策

グーグルマイビジネスとは?

Google マイビジネスは、

・Google 検索

・Google マップ

など Google のサービスにビジネスやお店などの情報を表示し、管理するための無料のツールです。

※グーグルマイビジネスをオススメしない方

・住所を出せない方(自宅、秘密基地)

・マップが表示されないビジネス

★大事

対策前に、自分のビジネスが

・何のキーワードで、

・上から何番目

に表示されているか確認をしましょう。

そうしないと、現状把握をしないと、

・良くなったのか、

・変わらないのか、

・悪くなったのか、

判断できません。

<重要>

① 投稿

② 情報

③ 写真

④ 商品

⑤ 口コミ

① 投稿

管理ページ

検索結果

・投稿するほど、評価アップ。→マップの順位が上がる

投稿内容は、ブログ、SNSと併用OKです!

② 情報

管理ページ

検索結果

・上から順番に、漏れなく入力。

・カテゴリ名は、複数設定可能です(最も近いものを入力)。

③ 写真

管理ページ

検索結果

・極力、全項目に写真を投稿します。

・動画も投稿できます。

④ 商品

管理ページ

検索結果

・コレクション名は、=カテゴリー名

・遷移先のURLを設定することで、HPに誘導できます。

⑤ 口コミ

管理ページ

検索結果

・写真入りの投稿がベスト。

・返信は必須ではありませんが、極力お返しする。


4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、地名キーワード対策についてご紹介させていただきました。

1.地域名キーワードをリサーチする。

 

2.検索ボリュームと、検索順位をリサーチする。

 

3.ホームページ・ブログに

 

(1)住所を入れる

 

(2)Googleの地図を埋め込む

 

(3)お客様の声で、少しでも広い範囲で表示されるように対策する

 

4.グーグルマイビジネスに登録をする

 

できる範囲で、漏れなく投稿・入力する。

できるところから、進めてみてくださいね。

 

関連記事

 

地名キーワード対策については、「地名キーワード」のSEO対策が必要な理由を3分で知る の記事でも詳しく解説しています。

 

よろしければ参考にしてみてください。