【初心者向け】1ヶ月1,000人に読まれる記事を量産する「ブログ記事の書き方7つのコツ」

読まれるブログを作るには、全部で7つの大きなポイントがあります。

アフィリエイトサイトでもたくさんの記事を書いてきましたが、

1記事で1ヶ月で何千人など大きな訪問者を集める記事は書き方にコツがあります。

以下の記事は、その一例です。

参照:セキュリティレベルの高い「メールアドレス」作り方のコツ【スパム(迷惑)対策に特化】

1.読まれるブログ記事を書く「事前準備」

アクセスの集まる記事を書くためには、いきなり書きはじめるのではなく、事前準備が非常に大切になってきます。
記事を書く段取りだけで、約80%の成果が決まると言っても過言ではないと思います。
では、具体的にどのような準備が必要になるのか、順番に解説させていただきます。

メモを取りながらお読みいただければと思います。

(1) リサーチ

「リサーチ」は、WEBマーケティングの基本であり、必殺技のようなもので、
初心者はもちろん、書き慣れた方にとっても欠かせない準備です。

一言でリサーチと言っても、複数の方法がありますので、順番に解説させていただきます。

a.対象のリサーチ

あなたは、誰向けに記事を書くのでしょうか?
あらかじめ対象とする方を決めましょう。
なんの専門、専門家なのかをあらかじめ提示する必要があります。

あなたが興味のある分野で、2時間くらいの公演を余裕で受けられる、大好きなジャンルが良いと思います。

b.キーワードのリサーチ

対象の方が決まったら、次にどんな情報を知りたいと思っているのかを明確にしていきます。

検索キーワードは、大きく4つのジャンルに分類され、最適な表示をすると言われています。

・knowクエリ 知りたい

・Goクエリ 行きたい・体験したい

・Buyクエリ 買いたい

・Doクエリ やってみたい

クエリ(query)とは、英語で「問い合わせ(る)」、「訪ねる」という意味を持っています。

この4分類の中で「knowクエリ」は困りごと、知りたいことをインターネットを使って解決したいという方向けに最適化された検索結果です。

c.検索ボリュームのリサーチ

検索ボリュームがどのくらいあるのか数値化することで、ニーズの有無を確認することができます。

Google広告を出稿する時に使うことができる「キーワードプランナー」、無料のツール「あらまきじゃけ」が有名です。

d.競合のリサーチ

競合サイトを見ることで、自社・他者サイトの強みや弱みを明確にすることができます。

ホームページやブログで扱っている情報、SNSなどのメディアの有無を確認しておきましょう。

2.Googleのルールブックを確認する

Googleの検索エンジンは、多種多様な評価基準を持っていて、避けるべき表現が明確になっていることもあります。

■検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド
https://support.google.com/webmasters/answer/7451184?hl=ja

(1)はじめに

スターターガイドの「はじめに」のパートでは、用語を解説しています。

SEOに関する、基本的な用語なので「スタッフや知人に説明ができるレベル」で使えるようになるのが理想です。

このガイドで使用される重要な用語の簡単な解説です。

インデックス – Google は認識したすべてのウェブページを「インデックス」に格納します。各ページのインデックス エントリにはそのページのコンテンツと場所(URL)が記述されています。「インデックスに登録する」とは、Google があるページを取得し、そのページを読み込んで、インデックスに追加することを指します。例文: 「今日、私のサイトの一部のページが Google のインデックスに登録されました。」

クロール – 新しいウェブページや更新されたウェブページを検出するプロセスのことです。Google はリンクをたどる、サイトマップを読み込むなど、さまざまな手段で URL を検出します。Google はウェブをクロールして新しいページを検出し、そのページをインデックスに登録します(例外もあります)。

クローラ – ウェブのページをクロール(取得)して、そのページをインデックスに登録する、自動化されたソフトウェアです。
Googlebot – Google クローラの一般的な名称です。Googlebot は常時ウェブをクロールしています。

SEO – 検索エンジン最適化: サイトを検索エンジン向けに改善するプロセスのことです。また、このプロセスを仕事として担当する人の肩書きとしても使われます。
例文: 「当社のウェブでの認知度を高めるために新しい SEO 担当者を採用しました。」

出典:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド【はじめに】

(2)Google がコンテンツを見つけられるようにする

2つ目のポイントは、Googleがコンテンツを見つけられるようにすることです。

Googleの検索エンジンは、言わば巨大な図書館のようなものです。

図書館の中に、自分の書いた書籍(=ページ)を納めることで、はじめて誰かに読まれること、検索されて探し出すことが可能となります。

 

もしも、検索結果に反映されていない場合は、設定の問題、その他何か問題が発生している可能性がありますので調査する必要があります。

自分のサイトが Google のインデックスに登録されているかどうかを調べる – 「site:」を付けてサイトのホームページの URL を検索します。結果に表示された場合、サイトはインデックスに登録されています。たとえば、「site:wikipedia.org」を検索すると、このような結果2が表示されます。

サイトが Google に登録されていない場合 – Google では何十億ものページをクロールしていますが、サイトによってはクロールされない場合もあります。Google のクローラによってサイトがクロールされない場合、よくある原因は次のとおりです。

サイトがウェブ上の他のサイトから十分にリンクされていない。

新しく立ち上げたばかりのサイトで、Google がまだクロールできていない。

サイトのデザイン上の問題により、Google がコンテンツを効果的にクロールできない。

Google がサイトをクロールしようとした際にエラーが発生した。

サイトのポリシーによって Google によるサイトのクロールをブロックしている。

参照:「Google がコンテンツを見つけられるようにする

 

(3)クロール対象外のページを Google に指示する

先の「(2)Google がコンテンツを見つけられるようにする」とは逆に、検索結果に反映させたくないページも時には存在するでしょう。

会員限定のページや、広告からのみアクセス可能なランディングページなどです。

代表的なものでは、「robots.txt」を使う方法があります。

SEOスターターガイドのページにも記載がありますので、ぜひチェックしてみてください^^

おすすめの方法

機密情報ではない場合: robots.txt を使って望まないクロールをブロックする

「robots.txt」は、サイトの特定の部分について、検索エンジンによるアクセスとクロールを許可するかどうかを検索エンジンに伝えるファイルです。このファイルは「robots.txt」と名付ける必要があり、サイトのルート ディレクトリに配置します。robots.txt によってブロックされているページでもクロールされる可能性があるので、機密性の高いページではこれよりも安全な方法を使用する必要があります。

robots.txt ファイルの正しい場所を示す画像。

サイトの特定のページについては、検索エンジンの検索結果で見つかってもユーザーにとってそれほど有用でないため、クロールされたくない場合もあります。Google Search Console には使いやすい robots.txt 生成ツールがあるので、検索エンジンによるページのクロールを防止するために robots.txt を作成する際に利用できます。サイトでサブドメインを使用していて、特定のサブドメインで特定のページをクロールされないようにするには、そのサブドメイン用に個別の robots.txt ファイルを作成する必要があります。robots.txt の詳細については、Search Console ヘルプセンターの robots.txt ファイルの使い方13に関するガイドをご覧ください。

検索結果にコンテンツが表示されないようにするための他の方法もご覧ください14

参照:「クロール対象外のページを Google に指示する

この他にも、インデックスしたくないページは、プラグインやワードプレスの初期仕様でも対策ができます。

 

(4)Google(とユーザー)がコンテンツを理解できるようにする

Googleと、読者、両方にコンテンツ(つまり情報の中身)が理解できるようにしましょう。

人が見る場合は、文字情報、画像情報などがページに記載されていれば理解できますが、

Googleはインターネット上を徘徊しているクローラーというロボットが評価を判断するときの重要な役割を果たしています。

「タグ」という、ページを構成する文字列を使って、Googleに評価を伝えていきます。

例えば、代表的なものでは「タイトルタグ」があります。

各ページに固有の正確なタイトルを付ける

<title> タグはユーザーと検索エンジンの両方にページの内容を伝えるものです。<title> タグは HTML ドキュメントの <head> 要素内に配置する必要があります。サイトの各ページに固有のタイトルを付けてください。

タイトルタグを示す HTML スニペット

参照:「Google(とユーザー)がコンテンツを理解できるようにする

このように、タイトルをつけるなどのルールが予め決められています。

読みやすく、ページのコンテンツの主題が効果的に伝わるタイトルを選びます。

 

また、タイトルにおいてのルールと、避けるべき方法についても

スターターガイドに記載されていますので、注意点としてチェックしておきましょう。

タイトルについては、3つの項目が記載されていますので確認しておきましょう。

ページのコンテンツについて正確に記述する

読みやすく、ページのコンテンツの主題が効果的に伝わるタイトルを選びます。

避けるべき方法:

ページのコンテンツと関連のないタイトルを選ぶ。

「無題」や「新しいページ 1」など、デフォルトのタイトルやあいまいなタイトルを使用する。

参照:「Google(とユーザー)がコンテンツを理解できるようにする

つまり、ページの内容をタイトルに入れましょう!という基本的な項目となります。

「投稿1」「無題」など、記事を投稿する際にタイトルを入力しない場合に自動的にタイトルが生成されるケースがあると思いますが、オリジナルのタイトルに仕上げましょう。

また、タイトルは検索結果に表示される文字数が決まっています。30〜34文字程度かと思いますので、投稿後に確認して必要に応じて文字数を調整しましょう。

各ページに固有のタイトルを付ける

サイトのページごとに固有のタイトルを付けるのが理想的です。そうすることで、サイト上の各ページの違いを Google が認識しやすくなります。サイトで別個のモバイルページを使用している場合は、モバイル版にも適切なタイトルを使用してください。

避けるべき方法:

サイトのすべてのページや多数のページにわたって 1 つのタイトルを使用する。

参照:「Google(とユーザー)がコンテンツを理解できるようにする

タイトルは、複数のページで同じものを使うのはNGです。

例えば、

・お客様の声のページで、タイトルを全て「お客様の声」にする

・ブログ記事のタイトルを、「ブログ記事」とする

なども、避けるべき設定となります。

それぞれ、オリジナルになるように設定をしましょう。

 

また、パソコンで開いた時と、スマホで開いた時に、別々のデザインが表示される場合は、それぞれタイトルを設定するようにしましょう。

入力漏れがないようにしましょう。

簡潔でわかりやすいタイトルを使用する

簡潔で有益なタイトルにします。タイトルが長すぎる場合や関連性が低いと見なされた場合、Google は検索結果にタイトルの一部のみや、自動的に生成されたタイトルを表示することがあります。ユーザーのクエリや検索に使用されたデバイスに応じて、異なるタイトルを表示することもあります。

避けるべき方法:

ユーザーにとって役立たない極端に長いタイトルを使用する。

タイトルタグで不要なキーワードを乱用する。

参照:「Google(とユーザー)がコンテンツを理解できるようにする

タイトルを見れば、記事の中身がわかるような簡潔なタイトルをつけましょう。

記事の中身とは全く関係のないキーワードを含んだタイトルや、異常に長いタイトルをつけることもNGとなります。

タイトルと、ページの中身が一致するような仕上がりを意識しましょう^^

文章力がないから、、と言い訳せずに、自分なりに書けるタイトルでOKですよ^^

 

(5)Google 検索結果での表示を管理する

(6)サイトの階層を整理する

(7)コンテンツを最適化する

(8)画像を最適化する

(9)サイトをモバイル フレンドリーにする

(10)ウェブサイトを宣伝する

(11)検索のパフォーマンスとユーザーの行動を分析する

3.ブログ記事の書き方のコツ

(1)書き方テンプレートを確認

4.投稿のコツ
5.記事をシェアするコツ
6.CTAの設置をする
7.検索順位の確認

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で【公式】ブログSEOコンサルタントをフォローしよう!