改善を重ねることで成果が3倍になった! 毎月安定した収入が得られる仕組みを作る 「グーグルアナリティクス完全マスターマニュアル」

グーグルアナリティクスをまだ活用されていないというという方も多いと思うので今回は初心者向けにご紹介させていただきます。

解説動画:

STEP1.グーグルアナリティクスの特徴

グーグルアナリティクスとは?

・グーグルが提供する「ホームページ・ブログ」の訪問者の分析ができる無料ツールになります。

 (誰でも、簡単に、無料。で使えるツール)

 →ホームページ・ブログを改善をすることに使ってください。

STEP2.グーグルアナリティクスを活用するメリット

グーグルアナリティクスを活用すると得られるメリット

1.改善点が明確になります。

どのページが本当は見てほしいけど全然見られていないなど明確に分かりますので改善ポイントがわかります。

2.お問い合わせ・売上と、ホームページの訪問者の相関性が分かります。

例えば1000人訪問していて問い合わせが10件来ているとなれば2000人訪問すれば20件のお問い合わせが来るといった相関性がわかるようになります。
増やすためにはブログを書くのか広告を使うのかといった作戦がたてられますし実際に増えたときにどういう人が増えたのか、もし見込み客でない方が訪問したとなればお問い合わせにつながる件数も減りますのでそういったことがわかるようになります。

3.「目標」設定をすることで、最重要指標が明確になります。

使っていない方も多いと思いますが、目標設定をすることでお問い合わせフォームを経由して実際にメールを送った人が何人いるのかというのを数値化することができます。
これをしてことによってどのページを経由した方が一番お問い合わせに繋がったかというのがわかったり、見込み客に繋がるページやコンテンツがわかったりします。

4.過去との比較ができます。(前月比、昨年同月比)

前月比で良かったところ悪かったところ、昨年の同月比でどうだったかという比較がチェックすることが出来ます。
ものすごく大きいデータを扱っているのですがかなり軽く、早くチェックすることができます。

STEP3.活用事例

事例:1 最近、HPから電話・メールでのお問い合わせが入らない

①1日あたり、何人訪問しているのか?というのをみてみてください。
 セッション数(訪問者数)の推移を日別で確認します。

問い合わせが入った日はどうだったか、入らなかった日はどうだったかをチェックします。

②どのページからお問い合わせ・電話をしているのか?

「目標」設定を行い、どのページ経由で電話しているか確認することができます。

③お問い合わせの件数の履歴を取ってください。
 ×最近お問い合わせが入らない
 〇10月は、1日と10日に電話問い合わせがあり、前月9月と比較して、5件少ない

あいまいな数字ではなく明確な数値をしっかりメモにとってください。
エクセルの表などを使用し、どんな地域からどんな問い合わせがどの位入ったかというのをメモしていきます。
これを続けていく事で問い合わせ件数や内容などの相関性が分かりますので過去の比較をすることが出来、要因を探るためのツールとして活用することが出来ます。

事例:2 資料請求の件数を増やしたい

①資料請求フォームのページが見られているか?をチェックして見てください。

②ホームページ全体、資料請求ページのセッション(訪問者)数の推移を数値化します。

③どのページから「資料請求ページ」に移動しているか?を確認します。

より膨らませた方が良いコンテンツが明確になりますので、それを把握するためにどこのページから一番資料請求のページに移動しているのかというのを数値化してください。

④スマホ、パソコンでホームページを見た時に、

・資料請求フォームへの案内がわかりやすか?

・どんな資料がもらえるのか?

・魅力的な資料か? 知り合いに見てもらい、意見をいただく

業態によってはスマホ―ユーザーさんが7割とも言われていますのでスマホでもきちんとみれるのかなどをしっかり確認し、見やすさはどうなのかどうがは自分だけではなく社員さんなどにも確認してみましょう。

STEP4.見るべきポイント

 必ず推移を確認する項目

①1日あたり、何人訪問しているのか?=セッション数

今日問い合わせが多いなという日などは、セッション数が増えていたりする可能性があります。
1日当たりどの位訪問しているのかという事はしっかり確認しておきましょう。

②コンバージョン数(電話、メールお問い合わせ、資料請求)=目標設定

コンバージョン設定を行い、電話が1件入ったら1とポイントが入るように設定をしてください。

③どの媒体から、訪問しているのか?=参照メディア

Googleの検索エンジンなどから検索されているのか、SNS経由なのかなどをチェックしてみてください。

④訪問者の検索キーワード=オーガニック検索キーワード

会社名で検索されているとなると会社名が認知されていないと検索されないので、例えば建築会社だったら、(例)○○区 一戸建て 住宅 など地元のキーワードを交えて検索されているかなどをチェックしてみてください。

STEP5.チェック項目テンプレート

「チェック項目テンプレート」を使い、情報を集めてみてください。

私が使っているチェック項目のテンプレートがありますので是非活用してみてください。

①現状を知ること

②月別の情報を抽出する

③改善をする

※月別訪問者情報

ブログ記事を書いたら凄く訪問数が増えましたという事であればそのブログ記事を厚くしていけば良いですし、投稿していても増えないということであればニーズの無い記事を投稿してしまっている可能性があったり、グーグルの検索結果に反映されていなし可能性もありますので原因を探って改善をするという事が目的となります。

テンプレートはURLを添付させていただきます。
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1QdyfTsQMx54_9UTU0D0We7qfwYK0O7yjiYnnkUEyPTQ/edit?usp=sharing

 

以上です。

今回はグーグルアナリティクス完全マスターマニュアルについてご紹介させて頂きました。

 

ご不明な点などありましたら、お問い合わせください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で【公式】ブログSEOコンサルタントをフォローしよう!