サーチコンソール「送信された URLにnoindex タグが追加されています」の解決方法

サーチコンソールから、

送信された URL に noindex タグが追加されています

というエラーの連絡がきた場合の対処方法について解説します。

「noindex」とは、

noindexとは、言葉の通り、

index(検索エンジンに反映させる)ことを

no(しないでください)という設定のことです。

 

ブログ投稿ページは、当然検索結果に反映させますが、

そのほか、

・カテゴリー名の記事一覧ページ、

・タグ名の記事一覧ページ、

検索結果に表示してしまうと、検索の目的とマッチせずに

直帰率が高くなる傾向がありますので、

基本的にはnoindexの設定をするのが一般てきです。

 

このnoindexが含まれたページを「サイトマップ」と呼ばれるサイト全体の設計図をGoogleさんに送ると、

(noindexタグが入ったページが含まれていると)このエラーの連絡が来るようです。

 

「サイトマップに、noindexタグ(インデックスしないように設定)が入っているページがありますけど、大丈夫ですか?」という、確認のメールになります。

このエラーは、多くなっても評価が下がることはありませんので、何もしなくても大丈夫です。

対象方法について

All in one SEO packというプラグインをお使いになっている場合、

サイトの管理画面の All in one SEO> XMLサイトマップ>XMLサイトマップ の「タクソノミー」の項目については、

全てチェックを外していただくと解決すると思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で【公式】ブログSEOコンサルタントをフォローしよう!