ブログ集客 無料会員サイト

内部SEO対策の概要と、内部リンクの貼り方

SEO対策と言っても、様々な対策が存在します。

ご自分でコツコツと実践ができるのが内部SEO対策です。

基本的な対策方法についてまとめさせていただきましたので、実践の際に参考にしてみてください。


1.内部SEOとは︖

「SEO対策」はとてもシンプル

SEO対策自体の考え方はとてもシンプルです。

⾒込み客の役に⽴つ(使いやすい)サイト」を追求していきます。

(使いやすさ=ユーザビリティ) にするための施策を⾏います。

 

どんな些細な更新でもOKです。

例えば、

・「これ」「あれ」を、主語に置き換える。

・読みやすい⽂字サイズにする。

・⼤事なところ、特に読んでいただきたい箇所にマーカーを引く。

・⾒出しをつけて、読みやすくする。

・記事の数、詳細な解説を増やす。

⼩⼿先のテクニックは様々ありますが、ユーザーのことを考えて更新していけば、それが内部SEO対策に繋がります。

SEO対策の4つのステップ

問題、解決⽅法について、どの段階に問題があるのか明確にできます。

STEP1.「クローラー」に巡回してもらう

ホームページ・ブログの中を巡回し、検索順位を決めるための記録をするロボット(⾒えない)に訪問してもらう。

「クローラー」に訪問してもらうには、勝⼿に来るのを待つか、申請をしてきてもらうか。どちらか。

STEP2.「インデックス」に追加してもらう

クローラーが、インデックス(検索エンジンの結果に反映)させることで、初めて検索結果に表⽰されます。

STEP3.検索エンジンの順位決めルールに適応したページ作り(アルゴリズムへの適合)

SEOに最適化したコンテンツ(ブログ記事、WEBページ)を作ります。

「ブログ記事の書き⽅テンプレート」に沿って、記事を作成する。

STEP4.ペナルティ対策

良いホームページを、ペナルティから守ること。

(ペナルティ=禁⽌⾏為)

※過剰な対策、間違ったSEO対策は、ペナルティの対象になります。

ペナルティを受けると、検索順位が下がり、最悪の場合は検索結果から抹消され、、オワタ、、。

「外部SEO」と「内部SEO」の違い

・外部SEO・・⾃分のホームページ、ブログのからの検索上位対策を指します。


上記のように、Aサイトの中に、Bサイトへのリンクを貼る。

クリックするとBサイトが開く

Bサイトの評価が上がる 

 

できることは、

1.「外部サイトから紹介リンクを貼る」

2.「⼤量に貼る」

「本当に良いサイトだからリンクが貼られる」という前提でのお話なので、なんでも良いから貼れば良いというものではありません。

今では、積極的に実践するケースでは、グレー〜ブラックな手法なので、おすすめしません。

 

 

・内部SEO・・⾃分のホームページ・ブログのでの検索上位対策。

「外部サイトからリンク」には頼らず、⾃社サイトの更新・修正で訪問者を集める

★集客での成果の上げ⽅

昔: 内部対策< 外部対策

今: 内部対策 >外部対策

・対策時間は、3〜12ヶ⽉ほどかかるが、⻑期的に⾒て成果が最⼤化する⼿法です。


2.内部リンクとは

内部リンクは、ブログ記事でも実践することができます。

同じカテゴリーなど、関連の深い記事同士でリンクを貼ります。

関連性の⾼い記事同⼠でリンクを貼る

内部リンクを貼ることで、

記事を読んだ人が、役に立つ情報として2ページ目、3ページ目、と複数のページを見ていただける可能性が高まります。


・B記事は、「SEO対策 記事の書き⽅」の検索順位がUP

・サイトは、滞在時間が伸びるので、サイト全体の評価がUP

・1記事の中に、いくつ設置してもOK(3つ以上⽬標)

 

どうしても上位を獲得したい!特定の記事に対して、リンクを集中させることもできます。


3.内部SEO対策の実践

内部リンクの貼り⽅

内部リンクの貼り方の手順として、

(1)誘導する記事を決める

(2)リンク先のページのURLを⼊⼒する

(3)「アンカーリンク(リンクを貼る部分のテキスト)」にキーワードを⼊れる

(4)本番環境で確認する

このような手順で進めてみてください。

リンクを貼るページの判断基準

(1)SEOチェキ、サーチコンソールを使い、重要なキーワードを調べる

※トップページ、サービスメニューに対するリンクも有効です。

(2)リンクを貼り、検索順位の推移を確認する

その他(内部SEO対策)

タイトルのつけ⽅

・⽂字数は31⽂字まで表⽰される

・重要キーワードを前に

・キーワードを複数使いすぎない(2回まで)

・「!、☆、︖」などは、使わない

・スペースを⼊れない


まとめ

いかがでしたでしょうか。

内部SEO対策は、SEO対策の基本であり、奥義とも言えます。

リンクを使いこなして、上位対策を目指しましょう。

 

関連記事

 

内部SEO対策についての関連記事として、タイトル・ディスクリプションの決め方について詳しく解説している、タイトル・ディスクリプションの重複に注意!ワードプレスの内部SEO対策・改善方法!の記事がお役に立つと思います。

 

また、リンクの貼り方について、詳しく解説している「WordPress」リンク先のページを「新しいタブ・ウインドウ」で開く設定方法についても、ぜひ参考にしてみてください。