【原因は?】「2020年間ビジターアンケート・ブラウザー意見アンケート」はフィッシング詐欺!答えてしまった、入力してしまった方へ

Googleクロームで、検索をしていると、、

「2020年間ビジターアンケートブラウザー意見アンケート」という表示が!!

何か、当選した〜!!と思わないようにしてくださいね^^;

これは、フィッシング詐欺 です。

あなたの個人情報や、クレジットカード情報を不正に取られてしまう可能性があります。

 

この表示が出てしまう原因について

結論から申しますと、改竄(かいざん)されたブログ・ホームページが原因です。

要は、不正にアクセスされて、ページ内に仕掛けをされてしまったのです。

改竄されたページにアクセスすると、他のフィッシング詐欺ページにリダイレクト(自動的に転送)される設定がされています。

1回しか表示されないので、ページを閉じれば同じサイトにアクセスしても表示されることはありません。

ただし、インターネット回線が変われば、ブラウザ、端末関係なく、同じ表示が出ました。

・スマホ回線、

・カフェの回線、

それぞれ、同じ表示が出ることを確認しました。

 

端末がウィルスに感染しているわけではありません。

ただし、長時間開いておいたり、また新しい仕様が加わる可能性もあるので、基本的に表示が出たら直ぐに閉じましょう。

2020年間ビジターアンケート・ブラウザー意見アンケート

それでは、ビジターアンケート・ブラウザー意見アンケートに入力を進めていくと、どうなるか調べてみました。

以下、パソコンの画面です。

 

まずは、「親愛なChrome ユーザー様」というトップページが表示されます。

「アンケートに答えていただいた方に、「ありがとう」を込めてApple iPhone11 Proが当たるチャンスを差し上げます。」怪しいですね^^;

「OK」ボタンをクリックすると、「おめでとうございます!」という表示に切り替わります。

質問が4つあるようなので、クリックしていきます。

1問目「いつも」をクリック。

2問目「とても満足」をクリック。

3問目、「Crome」をクリック。

4問目「毎日」をクリック。

 

「以上です!」という表示と共に、商品在庫を確認中という表示が出て、ゲージが左から右へ増えていきます。

「ご参加ありがとうございました、本日は次の商品が選べます。」

という表示と共に、商品と「ここをクリック」の文字が出てきます。

下には、フェイスブックのコメントのような表示も出てきます。

嬉しくなってしまいそうですが、クリックはしないでください!

私は、クリックして次に進みます。

真っ白な画面が何秒か表示されます。

 

Appleの公式サイトのようにも見えますが、ドメインは全く違うページが表示されます。

メールアドレスを入力し、チェックを入れ、持続するボタンをクリックするように誘導しています。

画面下の、黒い背景部分に注目。

・ゲームではありません。

・試用期間があること

・30日ごとに請求されること

・お問い合わせは、nfo@creditsupport.jpまで連絡すること。「info」でなく「nfo」

怪しい。。

 

ページ下の「AFFILIATES」をクリックすると別ページへ遷移します。

絶対に入力しないようにしましょう。

 

ここで注目なのは、オファーの残り時間が59分という表示であること。

そして、100円という値段。

プレゼントなのに、なぜ100円支払う必要があるのでしょう?

支払わないといけない理由、つまりカード情報が欲しいのでしょう。

 

私の経験上、この手のサイトは「基本的に怪しい可能性が高い」です。

 

画面の上部に表示されるカウント。

このカウントがゼロになるとどうなるか?待ってみました。

4、3、2、1、0、、

あれ、59秒に戻った!!

どうやら、入力するまで 逃すつもりは無い ようです。

アドレスを入力し、持続するボタンをクリックすると、、

カード情報を入力する画面に移動します。

 

注意!!

ここにクレジットカードの情報を入力をすると、カード情報が取られてしまうので、

絶対に入力しないでください!

ここから先、入力をしてしまうとよく無いことが起こると思うので調査終了。

入力してしまった、答えてしまった方へ

この先予測されるのは、

入力した情報を元にした、詐欺サイトからの反応です。

⑴ メールアドレスの入力をしてしまった方

私は、迷惑メールが届いても良い、捨てメールアドレスを入力をしました。

いつの日か迷惑メールが届くかもしれませんが、相手は「名前」「住所」「誕生日」などの個人情報はわかりません。

ただ、メールアドレス自体に個人情報が入っていると問題です。

名前、誕生日などから、

例えばフェイスブックのログイン情報が推測されてしまわないようにしましょう。

不安な時は、パスワードを変更しましょう。

 

■こちらの記事もおすすめです

>>【セキュリティレベルの高い「メールアドレス」作り方のコツ【スパム(迷惑)対策に特化】

 

⑵ クレジットカードの入力をしてしまった方

クレジットカード情報を入力した方は、相手にカード情報が漏れている可能性があります。

・クレジットカードで、勝手に買い物をされてしまう

・毎月請求が発生する

などの結果を招く可能性があります。

クレジットカード会社に事情を説明して、カードを再発行するなどのお手続きをしましょう。

まずは、クレジットカード会社に少しでも早く連絡をしましょう。

 

最後に

今回は、2020年間ビジターアンケート・ブラウザー意見アンケート」はフィッシング詐欺なので、注意しましょう。

改竄されたサイトが原因なので、防ぐのは難しいです。

自分でできる防御策としたら、

⑴ 表示が出たらすぐに閉じる

⑵ 表示が出たサイトに再訪問しない

ことです。

ぜひ、この情報をお役立てください。

 

■こちらの記事もおすすめです

>>【アクセスを積み重ねる、SEO対策用のブログ記事の書き方【3つの事前準備】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で【公式】ブログSEOコンサルタントをフォローしよう!