ブログ集客 無料会員サイト

ドロップボックスにデータ移動させたのに、パソコンの容量がパンクしたときに確認すること

パソコンの容量がいっぱいになったので、ドロップボックスを契約してデータを移動完了!

それなのに、パソコンのデータ量がずっとパンパン・・なんで?どうしたらいいの?

という時に、確認してほしいことがあります。


1.「ドロップボックス」と、「パソコン」のデータ二重持ちになっているかも・・・

ドロップボックスを契約すると、クラウドストレージをインストールしていることがあります。

クラウドストレージをインストールすると、Macだと、以下のような項目が表示されています。

このクラウドストレージをインストールすると、ドロップボックスにアクセスしなくても、ドロップボックスにデータを入れることができます。

勘違いしてしまいがちなのが、ドロップボックスを外付けハードディスクのように考えてしまうことです。

ドロップボックスだけにデータが置かれているように勘違いしてしまいがちなのですが、実は「ドロップボックス」と「パソコン」両方にデータが置かれているのです。

そりゃ、パンパンになりますよね・・。

 

(Macの場合ですが、)

同期されたままの状態でFinderをクリックすると、Dropboxという項目があります。

これは、Dropboxに保存されているデータが、パソコンにも同期され保存されている状態です。

 

さて、この対策法としては、

① クラウドストレージをインスロールしないこと

② パソコンでの同期を解除すること

です。

 

よくわからない!という方は、

Dropboxと、パソコンの同期を解除することをおすすめします。


2.パソコン側の”同期設定”を解除する方法

ここでは、Dropboxに保存したデータをパソコン側に同期をする(パソコンにもデータを置く)ことを解除する手順を解説します。

Macの場合の画面で、ご説明します。

(何らかの不具合が発生する可能性がありますので、必ずバックアップをとってください)

(1)ヘッダーメニューのドロップボックスのロゴをクリックします

Macの画面上部に、ドロップボックスのロゴマークが表示されます。

クリックすると、ポップアップの窓が表示されます。

右上の「名前」の部分をクリックします。

以下の写真では、緑背景の「村上」の部分をクリックします。

(2).基本設定をクリック

さらに小窓が表示されますので、「基本設定」をクリックします。

(3)同期をクリック

次の画面で、同期をクリックし、

選択型同期の「フォルダを選択」をクリックします。

(4)同期しない(パソコンに保存しない)ファイルのチェックを外す

次の画面で、「このMacで表示しないフォルダの選択を解除します」という表示が出ていますので、

パソコンに保存したくないフォルダは、チェックを外し、右下の「更新ボタンをクリックしてください。」

これで作業完了です。

(5)Finderを確認

確認のためFinderを見ると、パソコンに保存されたDropboxファイルが消えています。


最後に

いかがでしたでしょうか。

この記事では、Dropboxとパソコンの間のデータ同期を停止する方法について解説させていただきました。

 

よろしければお試しください。