ブログ集客 無料会員サイト

Wordの書類をPDFで保存する方法

Wordのファイルを、PDFで保存する方法について解説させていただきます。

Wordはマイクロソフトのアプリケーションですが、通常の保存方法ですと、Wordのファイルとして保存されます。

PDFで保存することによって、互換性のあるファイル形式なので相手方にWordファイルが無くても開くことができます。

macパソコンで、pdf保存するときは以下の方法でも生成可能です。

Macパソコン【書類をPDFファイルとして保存、パスワードをかけるセキュリティ対策方法】

スポンサードリンク

1.Wordでファイルを作成

まずは、Wordでファイルを作成します。

テキスト、写真データ、グラフなどを入力しましょう。

スポンサードリンク

2.保存するときにPDFを選択する

ファイルが完成したら、ファイルを保存します。

「ファイル」>「名前を付けて保存」の順番にクリックします。

次に、ファイルの名前を入力し、保存場所をクリックします。

保存場所にこだわりがなければ、デスクトップにしましょう。

ファイルの保存形式は「PDF」を選択します。

メールで送信をする場合は、「電子配布とアクセリビリティの向上に最適」にチェックを入れて、エクスポートボタンをクリックしてください。

スポンサードリンク

3.発行されたことを確認する

デスクトップに、PDFファイルが保存されたことを確認します。

注意:PDFで保存する場合、元々保存されるWordファイル形式でも保存をしておきましょう。

一度PDFファイルで保存をすると、Wordファイルとして編集することが困難になります。

よくわからない場合は、「word」と「PDF」両方で保存をします。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、WordのファイルをPDFファイルで保存する方法を解説させていただきました。

エクセル、パワーポイントも基本的に同じ手順でPDFで保存できますので、お試しください。

 

■こちらの記事もおすすめです

Macパソコン【書類をPDFファイルとして保存、パスワードをかけるセキュリティ対策方法】

スポンサードリンク