ブログで太字の使いすぎは危険?!タグで調整するSEO

ワードプレスで、ブログ記事を書いて、

強調したい部分を太字にする場合はどのように設定していますか?

一般的にツールの中の「B」というボタンで設定をすると思います。

しかし、この太字設定、多用しすぎるとSEO上で

具合の悪い結果になる可能性があります。

「strong」タグを多用すると起こる2つの問題点

ワードプレスの「B」ボタンで設定する太字は、<strong>というタグをワンクリックで設定してくれる便利なツールです。

この<storong>タグですが、ブログ記事の本文の中でも最も重要なキーワードとして検索エンジンが認識すると言われています。

このタグを使いすぎると、どんな問題が起こるのでしょうか。

①重要なキーワードがぼやけてしまう

「あれもこれも強調したい」、「目立たせたい」からと言って、

1つの記事に何十個も設置してしまうと、重要なキーワードがぼやけてしまいます。

②スパムの扱いを受けて評価を下げる

多く使いすぎると、低い評価を受けて検索順位が上がらなくなったり、使いすぎのページが多数存在する場合は、サイト全体がスパム扱いされてしまう可能性も否定できません。

視覚的に太字にしたいのなら<b>タグを使いましょう

とは言っても、太字にしたい!!という時は、

<strong>のタグは多くても1記事あたり3箇所までにして、

他は<b>タグを使うようにしましょう。

 

以下の太字は、視覚的には同じですが、

上は<strong>タグ、下が<b>タグで設定しています。

・strongタグ →「 太字 」

・bタグ →「 太字 」

視覚的には違いがわかりませんよね^^

 

ワードプレスの記事の編集画面(テキストモード)では、以下のように表示されます。

<b>タグについて

<b>タグは、あくまでも視覚的な効果だけで、

検索エンジンでは特別な評価はしない言われています。

 

しかし、検索エンジンでは悪い評価をされないかもしれませんが、

使いすぎると、人が読んだ時に何が重要か?何を伝えたいのか?が、

ぼやけてしまう可能性があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

普段何気なく設定していた太字も、SEOに影響を与える可能性が高いです。

 

また、「検索エンジン」だけでなく「読んでくれる方」にも最適化したブログ記事、を書くことにフォーカスしてみてみましょう。

 

★こちらの記事もおすすめです

地名キーワードのSEO【ユーザーが検索する地名を知る】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で【公式】ブログSEOコンサルタントをフォローしよう!

Please Login to Comment.